カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 業務メモ

テスト方針

テスト方針に必要な項目

タイトル
はじめに(下記の概要、前提条件)
目的(主とする目的)
実施内容(確認する大項目、方法、実施するテストレベル)
テスト担当実施者(担当する部署、チーム)
テスト環境
開始条件
終了条件
テストの進め方
テスト結果対応
カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 業務メモ

プロジェクトは文書が必須

さすがに内部統制がうるさいこのご時世に
ドキュメントなしでやっちゃう(ソースコード変更)ことは無いとは思うが、昔は適当だった。

もちろんちゃんとやっているPJもある。

今は、当然そんなことは許されないのだが
過去の遺産というか負債を見る機会があると
よくこんな文書で実装したなと驚く。

間違いなく言えることは
レビューされた文書ではないということ。

本で言えば
編集者のチェックを受けずに
いきなり出版するようなモノ。

当然トラブルが続出する。

おそらく、内部統制で
いろいろな証跡を残さないといけなくなるのだが
取るに取れないといった状況に追い込まれる
システム情報部門がきっとあるはずだ。

決して少なくないと思われる。

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 業務メモ

メールだけでのコミュニケーションと口頭だけのコミュニケーション

どちらかだけに固執すると
意思疎通は難しい。

文章を読むことで理解する人と
言葉を聞くことで理解する人がいる。

読んで聞かせるというのは
上記の二つをあわせているので
それぞれがカバーできる。

さらに、図で説明するともっと理解しやすくなる。

同じ事を、
様々なアプローチで表現することで
いろいろな人が理解しやすくなる。

あいつは何度同じ説明をしても理解しない。
なんて愚痴っている人は
何度も伝わらない説明をレコーダー再生のように
繰り返していることに気がついていない。

自分の言いたいことだけ言って
それでおしまいでは、良いコミュニケーションとはいえない。

どうやったら伝わるか?
伝えようとするプロセスを考えるのもスキルの一つである。

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 調査

SAP標準テーブル関連図

ネット上で拾ったもの。
どこで拾ったかは忘れた。
参考までに。

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 業務メモ

過去の負債がシステム保守費用を増大させる

低品質アドオン機能群が
現状把握を困難にし、
わずかな改修をマイナスのレバレッジで
高コストへと引き上げる。

プロジェクト中のプロセスがしっかりコントロールされていないプロジェクトが完了し運用され始めると、
数々の低品質を盛り込んだ状態になる。

調査しようにもドキュメントが低品質でドキュメントの体をなさない。
すると、より上流のドキュメントを見ることになる。
ココで分かればよいのだが、そうでない場合も多い。

その場合、「何をしたいか」「何の目的か」が不明となる。目的が分からなければ、「何が正しいか」も「どうあるべきか」も不明だ。

お客様はそんな現状を知らなかったりするので、
何でこんな簡単なことが分からないんだ?
とか、たったコレだけのことでこんなに費用がかかるのか?

となる。

最強チームで組織的にコントロールされたプロセスで実践されたプロジェクトならば、少々の時間コストで対応可能になる。

高い人件費を維持し続けることで、
柔軟性と機動力を持つ「システム」とそれを維持する「組織力」が手に入る。

逆に、安い人件費では、
硬直した動かない「システム」しか残らず、
「烏合の衆」となる。

高い人件費 + 組織力 = 使えるシステム
安い人件費 + 数 = 動かないシステム

パフォーマンスを考えたら、
人件費は高くても良いことになる。

作ったら最後、
そうそう捨てるわけには行かない。
数年は使い続けなければならない。

そうなると、動かないシステムは
ランニングコストが高い。

初期費用100万円の電話で通話料が1分1円の電話と、
初期費用0円の電話で通話料が1分1万円の電話があったとする。

この場合、お客様の選択肢はどう考えても前者となる。
システムの品質も同様だ。
お客様から見れば、後者はもはや詐欺に近い。

だが、名だたる日本の大企業の中には
後者のようなことをやっているところも無いとは言えない。

不況の時代には人件費が比較的安く
営業力が無い企業のスタッフがアベる。
そこそこの値段で、高度なシステムを作り、
維持する組織が手に入れることが可能になる。

今、投資できる企業や個人が勝ち残る。

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 調査

トラブル:Write文でショートダンプする

■タイトル
ABAP 実行時エラー
LIST_HASH_BAD_LENGTH

■原因(事例)
NEW-PAGE PRINT ON.とNEW-PAGE PRINT OFF.はネストできない。
ネストした状態でWrite文を実行するとショートダンプすることがある。

■対策
・ネストをしない
・次のNEW-PAGE PRINT ONの前にNEW-PAGE PRINT OFFを行なう
・GET_PRINT_PARAMETERSのOUT_PARAMETERSを使いまわししない

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 業務メモ

在庫データの初期登録

移動タイプ=561で入庫する。品目が標準原価の場合、標準原価で評価され、異なる金額を入力すると差異は、価格差異勘定に転記される。

移動平均原価の場合は、金額を入力するとその金額で品目が評価され、品目マスタの移動平均原価が更新される。

金額を入力しなければ、品目マスタの移動平均原価で評価され、品目マスタの移動平均原価は更新されない。

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 調査

バージョン違いは、動作保証できない

同じソースコードを、
バージョン違いの環境で動作させようとしたら、
動きがおかしい・・・。

そういう経験はないだろうか?

実は、そこには、
大きな問題が隠れている。

SAP標準の構造、汎用モジュールの違い、その他オブジェクトの違い等がある。

なので、その調査を行わずに、
スケジュールを組んだとき、
予定外のトラブルに巻き込まれる可能性がある。

また、バージョンが同じでも、
サービスパッケージの違いで
同様の現象が起こる場合がある。

テンプレート導入時は、
必ず、調査フェーズを確保して、
その調査結果によっては、導入を見合わせるか、
もしくは、再見積もりが発生するようにしておくことをオススメする。

この、「調査フェーズ」を
用意しなかったために、顧客とトラブルのは
可能な限り避けたい。

是非、バージョンの違い、
サービスパッケージの違いは必ずチェックしよう。

他にも、バージョンで
OSの違い、ブラウザの違い、
SAP-GUIの違い(パッチレベルも含む)をチェックしよう。

計画作成時は、プロジェクト内で
べーシス、コンサル、開発者、保守など、
十分に検討して、営業やプロマネ単独での
ジャッジメントは十分避けることをオススメする。

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 業務メモ

答えが無いことに迷うと進まない

ルーチンワーク以外には実質的な答えはない。
プロジェクトとはそういうものだ。

何が正しいか、何が正しくないか。
結局のところ悩んでも時間の無駄だ。

計画、実行。
まず、実行することが何よりも大切で、
その後、どうなるか?どうなっているか?

計画通り行っているか?
行っていないのか?

上手くいかなかったらやり方を改めればよい。
まあまあでも、もっと良い方法が良いと思えば
その方法を試してみればよい。

結局、改善を繰り返すしかない。
1回で上手くやろうとすると、
悩むことになる。

それを1000回転、改善のプロセスを
繰り返したほうが良い結果になる。
改善スピードこそが重要だ。

カテゴリー
ERP-BusinessExpress その他 調査

伝票の最終変更日時を取得する

伝票の最終変更時間を取得するには
CDHDR:伝票ヘッダ変更 テーブルより

下記の項目をキーにして
・オブジェクトクラス
・対象値
・変更文書番号

下記の項目を取得します。
・変更伝票の登録日付
・変更時刻

-以上-